2018/07/23 22:01

こんにちは。


さて前回の続きです。


気になるあの子と自分が同じ誕生日の確率は
0.27%
でしたね。

幼き日の少年Kは4日違い、少年Mは1日違い。
それでもドキドキしてしまった2人の少年。
もし誕生日が完全に一致していたら…彼らはもはや発狂していたでしょう。青春トリップガンギマリです。



「特定の人物同士」が同じ誕生日、これはなかなかの低確率であることはわかりました。


では、少し条件を変えてみましょう。

「誰か」と「誰か」が同じ誕生日である確率はどのくらいか?

これがなかなかおもしろいのです。



例えば1クラス40人の学校があるとしましょう。

その1クラスの中で、誰かと誰かの誕生日が同じである確率、どれくらいだと思いますか?


なんと

90%以上!


想像以上の高確率!?


1年は365日なんだから、180人ぐらいいて初めて確率が50%ぐらいになるような気がしてしまいますが、実際には…

23人
集まれば50%を超えるのです

(ちなみに計算方法は時間の都合上カットします。決してわからないわけではありません。決して。)


このように人間が直感的に感じる確率と、実際の確率とでは大きな誤差があることがしばしばある(らしい)のです。

その代表的な例が今回の誕生日のケース。
数学界では「誕生日問題」と呼ばれています。

おもしろいですねー。



大人になった今、ようやく数学のおもしろさがわかってきた…いや、わかった気になってきた元少年Kなのでありました。


それでは皆様、ごきげんよう。
Blacksmith K

close