2019/11/09 18:39



日本の入門書『Discover Japan』12月号に当鍛冶場の製品を掲載していただきました!
そして連動企画として11月22日より渋谷パルコ1階『Discover Japna Lab.』にも展示・販売されます!

外国の方がたくさん行き交う街なのに、日本の”毎日使いたい、本当にいいもの”を扱っている場所がない。
それならば紹介したい人とモノを自分たちで探して店舗に置こう。と、
製作背景や素材からじっくり掘り下げて取材し、丁寧に取り扱ってくださっています。
そんな大きなチャレンジのパートナーの一組に選んでいただきました。

今回、大きく載せていただいたものは【棒樋 -bouhi-】という新しい刃物です。
重さや刃の薄さ、そして両側にあるくぼみ、刀鍛冶が持つ様々な理論を組み合わせて造られた
「世界一切れる」包丁です。
本来包丁は道具であるため、切れ味と使いやすさのバランスを考えて作られています。
【棒樋】は知識と経験を元に切れ味をどこまで出せるのか、のみを考え生み出されました。
きっと詳しい方がこの刃物を見たら「使いにくいよね」とおっしゃると思います。
たくさんの方に試し切りをしていただいていますが、確かにそう言われたこともあります。
刃が薄いので当然といえば当然です。柔らかいものしか切れません。
もちろんまな板も、柔らかい木のものを使っていただかなければいけない。

それでも、私たちは気にしません。
これは、私たちの挑戦でもあります。

このような構造を持った包丁は今までありませんでした。
私たちもどんな使い道があるのかまだ分かっていないのです。
だからこそ、あえて使い手の方を絞っていません。
もしかしたら今まで思いもよらなかった料理が生まれるかもしれない。
包丁の新しい使い方も生まれるかもしれない。

ある方がこの【棒樋】を使ったとき
「なんだか心が整う…」って言われました。
ストレスなく、すっと刃が落ちていく感覚。
野菜を切るのが楽しくて手が止められない方もいらっしゃいました。
そんな新しい、豊かな時間が生まれてもいいのかもしれません。


ぜひ、この機会に渋谷パルコのショップに足をお運び
実際に見て頂けましたら幸いです。
順次このショップでも販売の対応をしていきます。

また、Discover Japan Lab. には今までも販売してきた
『ASANOKAJIYA classic』とカトラリーセットも同時に並びます。

今まで以上にたくさんの方に見ていただけると思うと、とても楽しみです!
製品に関し、ご不明な点などがありましたらお気軽にお問い合わせください。
mail : samuraiknife.japan@gmail.com






close