2019/05/24 16:44

こんにちは。





暑くなってきましたね。

この時期になると奴らが来ます。



みんな大好き

そう

「蚊」です。



当鍛冶場は蚊のワンダーランド。

蚊取り線香乱用でキマりまくりです。



私はあまり蚊に食われないのですが、美人秘書Tと砂糖モンスターMの2人は大人気。
あまりの人気ぶりにちょっぴり嫉妬してしまうほどです。






ふと私の腕に1匹の蚊が。

少し観察してみようと思った私、しばらくそのまま放置してみることにしました。





結論から言いましょう。

私はこの蚊に大きな感動を覚えることになります。




ご存知の通り、彼らは注射針のような口を皮膚に突き刺し血を吸います。


まず驚いたのは彼らが非常に正確に血管の位置を把握していること。

着地してから血管を探すのではなく、ピタリと血管の上に舞い降りてくるのです。
(何度観察しても!)



そして吸血タイム。

そこで私は、彼らの男…いや漢っぷりをまざまざと見せつけられたわけです。
(血を吸う蚊は皆メスですが)




まず針を刺すまで彼らはターゲットの僅かな動きも感じ取り、細心の注意を払います。ピクっと腕を動かしただけでも飛んでいってしまいます。


一応私も好き好んで血を提供したいわけではないので、何度か手で追い払い、抵抗の意志と一撃であの世送りにできるパワーがあることを伝えておきます。


それでもめげずに吸いに来た彼女。


遂に私の腕に針を刺すことに成功しました。




そこからは見事なもの。


もうちょっとやそっと動いただけでは離れません。


失敗すれば終わり。
しかし一族のため、生まれてくるわが子のため、1秒でも長く吸い続ける。


その姿に私は、
生命の気迫を感じずにはいられませんでした。



そして最も肝心な引き際。
腹四分目で立ち去った彼女に、私は拍手を送りたい。





そんな午後の話でありました。





ちなみに「蚊」という漢字ですが、
「ブ〜ン」と飛ぶからとの説があるようです。

信じるか信じないかはあなた次第。



それでは皆様ごきげんよう。
Blacksmith K.

close