CONCEPT

世界最高峰の刀鍛冶技術から生まれた、
日常を美しくする包丁“Samurai Knife”。

Samurai Knife[サムライナイフ]は、日本の伝統「刀鍛治」の技術から生まれた、日常使いの包丁です。
その研ぎ澄まされた切れ味は、食材の繊細な旨味を引き立て、料理に洗練された美味しさと美しさをもたらします。
“貴人に仕え、支える人”という意味を持つ「侍(サムライ)」という言葉のように、ご家庭の普段の食卓を支える存在でありたいと願い、1本1本丁寧に心を込めてお造りしています。

Using the world’s best blacksmith technique,
the “Samurai Knife” was created as a knife that will make everyday life beautiful.

The Samurai Knife, which was created using Japanese traditional “blacksmith” technique, is a kitchen knife for everyday use.The well-sharpened knife emphasizes the delicate flavors of the ingredients and brings out the refined flavor and beauty of the dish.As the meaning of samurai, “Those who serve”, the knife is forged delicately one by one with the wish “to serve” at the table in the home.

samuraiknife(サムライナイフ)

吸い込まれるように刃が降りていく、
驚くほどなめらかな切れ味。

サムライナイフは刀鍛冶技術を受け継いだ職人によって1本1本丁寧に手作業でお造りしています。鋼(はがね)を知り尽くした職人が、分子レベルで研ぎ澄ますその包丁は、食材の上に刃を置いただけで、吸い込まれるように刃が降りていく感覚をもたらします。

The Samurai Knife is carefully handmade by craftsmen, who have mastered the blacksmith technique.The craftsmen know steels inside out and sharpen the blade so finely to the point that one gets a sensation that the blade is drawn in.

研ぎ澄まされた切れ味は、
食材の旨味を繊細に伝える。

切れ味の悪い包丁は、食材の繊維を壊し、水分とともに旨味や栄養を流し出してしまいます。 サムライナイフは、食材の繊維を壊すことなく切ることを可能にし、食材そのものの繊細な旨味を逃さず、料理に洗練された美味しさと美しさをもたらします。

A dull blade destroys the fibers of the ingredients and the nutrients flow out with the juices. The Samurai Knife does not destroy the fibers in the ingredients, and rather keep it intact and bring refined taste and beauty to the dish.

ABOUT

世界最高峰の刀鍛冶技術を受け継いだ、刀匠房太郎。
先人から学び、受け継がれた業と思いを、
現代の暮らしに役立てたい。

室町時代から続く、岐阜県関市が誇る刀鍛治の業。
刀匠房太郎は、二十五代藤原兼房の元で6年修行し、およそ20年の月日をかけ、刀鍛冶の業と心を学んできました。2012年、フランスでの日本刀公開鍛錬を皮切りに国内外から招聘され、世界各地の鍛冶職人・学芸員・研究家との交流の中でその鍛治技術を現在も磨き続けています。

古くから刀鍛冶職人は、「天下泰平」を願って刀を造ってきました。
先人たちは、いつもその時代を生きる人の幸せを願い、刀を打ち続けてきたのです。
日本が誇るこの伝統技術を用いて、今を生きる人々の暮らしを豊かにすることはできないか。
そんな思いで造りあげたのがSamurai Knifeです。

浅野鍛冶屋 刀匠 房太郎の鍛冶場の写真

Fusataro mastered the highest quality Black Smith technique.
Using the skill learned from predecessors, he wanted to make good use in daily life.

Blacksmithing has been a pride of Seki City in Gifu prefecture since the Muromachi era.Fusataro studied for 6 years under 25th generation Kanefusa Fujiwara, and after 20 years learned the art and soul of Blacksmithing.

Since a long time ago, Blacksmiths made the “Katana“(Japanese sword) wishing for peace. Predecessors have continued to forge the Katana always wishing for the happiness of those who were living during those times. Therefore the “Samurai Knife” is made under the same thought to make the lives of people prosperous, by using this traditional skill that is Japan’s pride.

刀匠 房太郎

淺野鍛冶屋 Official website
AFTER CARE
  • CARE01

    永久保証

    Lifetime Warranty

    万が一、お買い上げいただいた包丁に製造上の欠陥による破損や折損が判明した場合、無料で修理、または交換させていただきます。その他の場合は、適正な価格で修理させていただきます。

  • CARE02

    研ぎメンテナンス

    Maintenance

    3,000(送料・税込み)

    研ぐことで包丁本来の性能を発揮させることができます。刀鍛冶職人が1本1本手作業で丁寧にメンテナンスさせていただきます。

アフターケアについての
お問い合わせ
After-sales Service Contact

PRODUCT

NEWS

close